Oracle Database 19c Installation

1.前提

Oracle Linux 7

2.インストーラダウンロード

ULN Subscription契約があれば、yumでダウンロード&インストールできるが、ない場合はOTNからダウンロードしてくる必要があります。

今回はRPMで入れてみます。

3.インストール
# yum -y localinstall oracle-database-ee-19c-1.0-1.x86_64.rpm

これだけでインストールできます。関連のrpmやカーネル設定なども自動で実施してくれます。ただし、ORACLE_HOMEは/opt/oracle配下に作られます。

別の場所に入れる場合は、OTNからdb_homeのzipを落としてくるのが正解なんでしょうかね。

4.インスタンス構築

マニュアルでは「/etc/init.d/oracledb_ORCLCDB-19c configure」だけで構築できるようですが、SIDとデータファイルの場所を変えたいので、configファイルをいじってみます。

  • /etc/init.d/oracledb_ORCLCDB-19c
    export ORACLE_SID=test01 # modified
    export PDB_NAME=test01pdb01 # modified
    export LISTENER_NAME=test01 # modified
  • /etc/sysconfig/oracledb_<SID>-19c.conf
    LISTENER_PORT=1531
    ORACLE_DATA_LOCATION=/u01/oracle/oradata/test01

    ファイル名がSIDと紐づけられているので、元ファイル「oracledb_ORCLCDB-19c.conf」をコピーして作ります。

設定変更後、インスタンス構築してみます。

# /etc/init.d/oracledb_ORCLCDB-19c configure
Configuring Oracle Database test01.
Prepare for db operation
8% complete
Copying database files
31% complete
Creating and starting Oracle instance
32% complete
36% complete
40% complete
43% complete
46% complete
Completing Database Creation
51% complete
54% complete
Creating Pluggable Databases
58% complete
77% complete
Executing Post Configuration Actions
100% complete
Database creation complete. For details check the logfiles at:
/opt/oracle/cfgtoollogs/dbca/test01.
Database Information:
Global Database Name:test01
System Identifier(SID):test01
Look at the log file “/opt/oracle/cfgtoollogs/dbca/test01/test01.log” for further details.

これでインスタンス構築され、Oracleユーザ(rpmインストールで作成される)にて、sqlplus / as sysdbaで接続できます。

なお、Oracleユーザはホームディレクトリも作られていないので、別途作成および.bashrc、.bash_profileを用意し、ORACLE_HOME等各種環境変数をセットしてやると良いかと思います。

5.補足

なお、「/etc/init.d/oracledb_ORCLCDB-19c」にはORACLE_HOMEの設定箇所があったので、/opt/oracleから別の場所にコピーし、ORACLE_HOME指定場所を変えてあげたのですが、結局/opt/oracleのほうを使うようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする